1日の流れ

標準的な「まごころスタッフ」の1日をご紹介! モデル:主婦で活躍されている「まごころスタッフ」。車を使用してのお届け(自転車でお届けするエリアもございます)

10:00 朝の家事を済ませ、子供と一緒に営業所に到着。今日は子供を連れて仕事です!

車を使ってお届けする方は、子連れで働くこともできるから嬉しい!また、午前10時~午後5時の間で短時間でも長時間でも、ライフスタイルに合わせて決めることができますよ。基本は平日のみの仕事ですので土日祝は休みです(土日祝のみの働き方もあり)。標準的な業務時間は3~4時間。

10:05 お弁当の準備 お届けするお弁当を用意。専用のお届けボックスにお弁当と保冷剤を入れ、数を確認!ちなみに今週は毎日30個お届けします!

お届けするお弁当の数は、希望に合わせて最初に決められますよ。働く時間が同じでも、お届けのペースはスタッフそれぞれですから、数は個々で異なります。途中での休憩時間を計算に入れて、お届け数を決めているスタッフもいます。

10:20 最終チェック 車に積み込む前に、仲間の「まごころスタッフ」にお願いして検品作業。お弁当の数、種類を最終チェック!

「ワタミの宅食」では、食の無駄を出さないため、予備のお弁当を用意していません。そのため、この検品作業は重要!どの営業所でも仲間同士助け合いながら、準備を進めます。

10:30 ちょっと雑談 出発までにちょっと余裕ができたので、少し仲間とお喋り。これもほぼ日課です!

「まごころスタッフ」が集まる時間帯の営業所は、いつも賑やか。お喋りと笑い声が絶えません。仲間とお喋りするために早く営業所に来る方もいるほど。業務委託契約の仕事ですが、チームワーク抜群。「今日も仲間に会える」ことをみんなが楽しみにしています!

10:40 みだしなみを整えて出発 お弁当を車に積み込んだら、髪型やエプロン、名札など身だしなみを整えて出発!

「まごころスタッフ」は、お弁当の他、名刺や集金の際に必要な領収証、お客さま向けの情報誌「宅食らいふ」など、さまざまな仕事道具やアイテムを携帯しています。スタッフによっては、お客さま向けのメモ・お手紙を用意している方もいるんですよ。

10:45 お届け 担当エリアへお弁当をお届け。「こんにちは!ワタミの宅食です!」とご挨拶。

全てのお客さまに対面でお弁当をお渡しできるわけではありません。不在のお客さま宅には希望に応じて鍵付きの安全ボックスを用意するなど、お客さまの状況に応じて柔軟な対応を行っています。また、週に一度の集金も「まごころスタッフ」の大切な業務です。

12:10 ちょっと郵便局へ 今日は早めに回れているので、空いた時間に郵便局に行っちゃいます!

支障がなければ、仕事の合間に私的な用事を済ませることに問題はありません。銀行や郵便局に寄ったり、保育園にお子様を迎えにいったり。車での移動とご近所エリアでの仕事だから、「ついでに」の用事を済ませることができちゃいます。

13:00 終了 最後のお客さま宅へお届けして、今日の仕事終了!このまま自宅に帰ります。お疲れ様でした!

仕事の終了後、そのまま自宅に帰る方もいれば、営業所に戻り、お届けの際に回収した空き容器を片づけてから帰る方もいます。もちろんそれも自分次第。自身の生活に合わせて働き方を決められるお仕事なんですよ。Wワークをされている方もいます。