ワタミの宅食 「まごころスタッフ」の求人情報に応募する

「ワタミの宅食」では、日替わりのお弁当・お惣菜をお客さまの ご自宅1軒1軒にお届け・販売する、宅配スタッフを募集しています。

「ワタミの宅食」では、自分自身で仕事の量やスケジュールを調整できるので、ライフスタイルに合わせた働き方が可能です。※業務委託のお仕事になります。 お子さまのいらっしゃる主婦(夫)の方や、余裕をもって働きたい中高年・シニアの方、ご夫婦で一緒にお届けする方、Wワークで働く方など、たくさんのスタッフが、自分の生活や希望に合わせて活躍しています。 お客さまに「まごころ」とともにお弁当をお届け・販売してくれる「まごころスタッフ」をお待ちしています。

ワタミの宅食 「まごころスタッフ」の魅力

ぜひ求人情報をご覧ください。

ワタミの宅食 「まごころスタッフ」の求人情報に応募する

ワタミの宅食 「まごころスタッフ」たちの声

現役の「まごころスタッフ」たちの声をご紹介します。

  • 毎日の信頼関係が
    自信とやりがいに

    渡辺さん(38歳)

    お弁当をお渡しする時間は数分。だけどこれが半年、1年と続けば、単純な宅配では得られないお客さまとの信頼関係が生まれます。 「ワタミの宅食」の仕事は「心をかわす仕事」だと思います。「いつもありがとう」と言われると本当に心が温かくなりますし、「あなたのおかげで食事のバランスがとれてるわ」と言われると、やりがいのある仕事だと思います。ぜひ、これからはじめる方にも自信と誇りを持って、仕事をしていただけたらと思います。
  • 家族が喜び
    応援してくれる

    落合さん(67歳)

    主人に先立たれた私を心配する息子にすすめられ、「ワタミの宅食」の仕事を始めて6年になります。 お付き合いの長いお客さまが多いので、お届けするとおしゃべりが止まらなくなってしまうことも。営業所に戻ったら今度は仲間とおしゃべり(笑)そんな場合でも時間に縛られることがないので、マイペースで続けています。今では息子に、「もしも、お母さんにこの仕事がなくなってしまったら心配」とまで言われています。
  • いくつになっても
    新しい仲間

    田中さん(64歳)

    「ワタミの宅食」の求人情報にある「マイペースで無理なく働ける」というのがいいなと思い応募しました。この仕事を始めたばかりの頃は不安でいっぱいでしたが、隣のエリアのSさんが心配して、引き継ぐお客さまのところへ一緒にご挨拶に行ってくれました。
    業務に慣れた今では、お客さまを増やす極意を伝授してもらっています。いくつになっても、新しい仲間ができるというのは大きな喜びです。
  • 子供の成長を
    いつも見守れる

    香川さん(32歳)

    「ワタミの宅食」の仕事をはじめたきっかけは「子供を連れて働ける」と求人情報に書いてあったことです。仕事をしながら、成長を見守れるのは嬉しいです。時間が自由に使えるのも魅力で、お届けの合間にちょっとしたお買い物を済ませたりしています。
    お客さまには「前より大きくなったわね」と声をかけていただけ、お客さまにも成長を見守っていただいているんだな、と嬉しくなります。

NEW!ピックアップまごころさん!

  • 長崎佐世保営業所

    寺尾 優子さん

    「まごころスタッフ」を始めて17年です。いろいろと自分が思ったようにはいかない大変さは感じていますが、それでも「ワタミの宅食」のエプロンをつけてお届けしているときに「あ、ワタミさん、うちも取ってるよ!」と声をかけられると嬉しいですね。「まごころスタッフ」は私にとって天職です。人と話すのが大好きな性格なので、とても向いていると思っています。17年間辞めたいと思ったことはありません!
    以前、母が病気になったとき、仕事のスケジュールを調整できたおかげで、病院に通って看病する事ができました。時間の調整がきく、この仕事をしていてよかったと思っています。
  • 長崎佐世保営業所

    松本 正人さん

    定年退職後に仕事を探していて、「まごころスタッフ」の仕事に出会いました。宅配の仕事ならできるのではないかと思いました。
    とにかく、時間の自由が利くし、午前中には宅配が終わるのがいいですね。年金をもらいながらするには最高の仕事だと思います。何もしないで家にいることは苦痛なので、働けて嬉しいです。お客さまに「テレビはしゃべってくれないけど、松本さんはしゃべってくれるもんね」と言われたりして、お客さまとの会話も楽しいです。同居している86歳の母の為に自分でも「ワタミの宅食」のお弁当を注文しています。
ワタミの宅食 まごころスタッフの求人情報に応募する